Levi's® x i-D 

 "There is No Wrong" 

Levi's® - "There is No Wrong"

 

2019年4月6日(土)〜8日(月)にThe MASS Galleryで開催された、Levi’s®と28名のアーティストが饗宴したカスタマイゼーション・アートエキビジョン「THERE IS NO WRONG」。

 

Levi’s®は「THERE IS NO WRONG(間違いは何もない)」というタイトルを掲げ、カルチャー、コミュニティ、コラボレーションという3つのテーマに焦点を当てた。クリエイターによる最新作品の展示や気鋭アーティストとのコラボレーションがなされた空間で、さまざまな文化のつながりを生み出さんとする「THERE IS NO WRONG」は、アーティスト個人のみならず集団やコレクティブによってアートやカルチャーが生み出される、そのクリエイティブな“環境”を讃えるプロジェクトだ。そして、世界でもっともアイコニックなファッションアイテムとも言える501®ジーンズの不朽のオリジナリティを示しながら、あらゆる“パーソナライズ”を賞賛するLevi’s®の信念を具現化するものでもあった。2019年4月、その多くがNYに拠点をおく、著名なアーティストから新鋭アーティストまでの28名が、東京のThe MASS Galleryに集結した。

 

Levi’s®︎はNYを牽引するデザイン集団、LQQK STUDIO協力のもと、参加アーティスト達が“カスタマイズ”アイテムを制作するためのサテライトスタジオをThe MASS Gallery内に設けた。開幕までの1週間、ギャラリー、スタジオ、ショップは絶えず進化を続け、イベントの全貌が判明したのは初日。壁に掛かったクールなアート作品はもちろん、展示空間、直売店型のキオスクまで、デザインと設営は、施工業者ではなく、アーティストたち自らの手によって作り上げられた。

 

ここからは、完璧なるまでのDIYで作り上げられたLevi’s®史上最大級のカスタマイゼーション・アート・エキシビジョンについて、そして146周年を迎えるブルージーンズが誕生した5月20日=501®︎DAYについて知っておくべき10のことをおさらいしよう。

 

https://i-d.vice.com/jp/article/paj3bv/levis-there-is-no-wrong-10things-you-need-to-know

   © 2021 出村 太